« 2018-027M 「ダンガル きっと、つよくなる」☆☆☆★ | トップページ | 2018-029M 「ストローク」☆☆☆★ »

2018-028M 「デトロイト」☆☆☆★★

Detroit 原題:Detroit
邦題:デトロイト
時間:142分
公開:2018-01-26
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:ロングライド
製作総指揮:グレッグ・シャピロ、ヒューゴ・リンドグレン
製作:ミーガン・エリソン、キャスリン・ビグロー、マシュー・バドマン、マーク・ボール、コリン・ウィルソン
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
原作:
撮影:バリー・アクロイド
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ジョン・ボヤーガ(ディスミュークス)、ウィル・ポールター(クラウス)、アルジー・スミス(ラリー)、ジェイコブ・ラティモア(フレッド)、ジェイソン・ミッチェル(カール)、ハンナ・マリー(ジュリー)、ケイトリン・デバー(カレン)、ジャック・レイナー(デメンズ)、ベン・オトゥール(フリン)、ネイサン・デイビス・Jr.(オーブリー)、ペイトン・アレックス・スミス(リー)、マルコム・デビッド・ケリー(マイケル)、ジョセフ・デビッド=ジョーンズ(モリス)
「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグロー監督が、黒人たちの不満が爆発して起こった1967年のデトロイト暴動と、その暴動の最中に殺人にまで発展した白人警官による黒人たちへの不当な尋問の様子をリアリティを追求して描いた社会派実録ドラマ。67年、夏のミシガン州デトロイト。権力や社会に対する黒人たちの不満が噴出し、暴動が発生。3日目の夜、若い黒人客たちでにぎわうアルジェ・モーテルの一室から銃声が響く。デトロイト市警やミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊たちが、ピストルの捜索、押収のためモーテルに押しかけ、数人の白人警官が捜査手順を無視し、宿泊客たちを脅迫。誰彼構わずに自白を強要する不当な強制尋問を展開していく。出演は「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボヤーガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキーら。脚本は「ハート・ロッカー」「ゼロ・ダーク・サーティ」も手がけたマーク・ボール。

|

« 2018-027M 「ダンガル きっと、つよくなる」☆☆☆★ | トップページ | 2018-029M 「ストローク」☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/66367507

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-028M 「デトロイト」☆☆☆★★:

« 2018-027M 「ダンガル きっと、つよくなる」☆☆☆★ | トップページ | 2018-029M 「ストローク」☆☆☆★ »