« 2018-011M 「死と父と息子」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-013M 「サマー・ドレス」☆☆☆ »

2018-012M 「ワンダーストラック」☆☆☆★

Wonderstrack 原題:Wonderstruck
邦題:ワンダーストラック
時間:117分
公開:2018-04-06
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:KADOKAWA
製作総指揮:ブライアン・ベル、サンディ・パウエル
製作:クリスティーン・ベイコン、パメラ・コフラー、ジョン・スロス
監督:トッド・ヘインズ
脚本:ブライアン・セルズニック
原作:ブライアン・セルズニック
撮影:エドワード・ラックマン
音楽:カーター・バーウェル
出演:オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ミリセント・シモンズ
「キャロル」のトッド・ヘインズ監督が、「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニックの同名ベストセラー小説を実写映画化。2つの異なる時代を舞台に、それぞれ大切なものを探す2人の子どもの旅を独創的なタッチで描き出す。1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くした少年ベンは、母の遺品の中から、会ったことのない実父に関する手がかりを見つける。その50年前、1927年のニュージャージー。厳格な父に育てられる聴覚障害の孤独な少女ローズは、憧れの女優リリアン・メイヒューの記事を集めたスクラップブックを大切にしていた。ある日、ベンは父を捜しに、ローズは憧れの女優に会いに、それぞれニューヨークへ向かう。2人の物語は、やがて不思議な縁で結びつき……。原作者セルズニックが自ら脚本を手がけ、ローズのパートを白黒サイレント、ベンのパートを音声つきカラーで描くことで世界観の違いを表現。ベン役を「ピートと秘密の友達」のオークス・フェグリーが演じ、ローズ役には自身も聴覚障害を持つ新人ミリセント・シモンズを抜擢。2人をつなぐ人物を「エデンより彼方に」のジュリアン・ムーア、ベンの母親を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズがそれぞれ演じる。

|

« 2018-011M 「死と父と息子」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-013M 「サマー・ドレス」☆☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/66295522

この記事へのトラックバック一覧です: 2018-012M 「ワンダーストラック」☆☆☆★:

« 2018-011M 「死と父と息子」☆☆☆★★ | トップページ | 2018-013M 「サマー・ドレス」☆☆☆ »