« 2017-224M 「あゝ、荒野 後編」☆☆☆ | トップページ | 2017-226M 「シネマ歌舞伎 め組の喧嘩」 »

2017-225M 「ザ・シークレットマン」☆☆☆★

Secretman 原題:Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House
邦題:ザ・シークレットマン
時間:106分
公開:2018-02-24
製作年度:2017
製作国:アメリカ
配給:クロックワークス
製作総指揮:イェール・バディック、デス・ケアリー、コリン・ウィルソン、ピーター・グーバー、ジェフリー・ビニク、ニック・バウアー、ディーパック・ネイヤー、マイケル・シェイファー
製作:リドリー・スコット、ジャンニーナ・スコット、マーク・バタン、アンソニー・カタガス、ピーター・ランデズマン、スティーブ・リチャーズ、ジェイ・ローチ
監督:ピーター・ランデズマン
脚本:ピーター・ランデズマン
原作:マーク・フェルト、ジョン・オコナー
撮影:アダム・キンメル
音楽:ダニエル・ペンバートン
出演:リーアム・ニーソン、ダイアン・レイン、マートン・ソーカス、アイク・バリンホルツ、トニー・ゴールドウィン、ブルース・グリーンウッド、マイケル・C・ホール、ブライアン・ダーシー・ジョーンズ、ジョシュ・ルーカス、エディ・マーサン、ウェンディ・マクレンドン=コービ、マイカ・モンロー
「大統領の陰謀」のカウンター。ディープスロートと告白したFBI副長官のマーク・フェルトを主人公としたウォーターゲート事件の真相。捜査側(FBI)がニクソン大統領サイドに揉み消されそうとなった際に副長官がディープスロートとなったという。「ドリーム」に対する「ライト・スタッフ」の立ち位置となる。主人公役のリーアム・ニーソンがかなりのダイエットをし、老境にある物静かな落ち着いた副長官像をストイックに演じている。家出した娘のエピソードは夾雑物なのじゃないかな。
ある日の深夜、5人の男がワシントンD.C.の民主党本部に侵入。盗聴器を仕掛けようとしたところを逮捕される。事件の指揮を担当したFBI副長官マーク・フェルトは、その背後にホワイトハウスの関係者がいるはずだと確信。例え相手がニクソン大統領であろうとも、疑いがあれば捜査の手を緩める訳にはいかない。しかし長年FBIのトップに君臨したフーヴァー長官の急死後長官代理に就任したグレイは、ホワイトハウスの意向を汲み捜査の早期終結を指示する。このままでは真実が闇に葬られてしまう。なんとしても捜査を続行し、事件の全容を明らかにするため、フェルトは一世一代の賭けに出る。

|

« 2017-224M 「あゝ、荒野 後編」☆☆☆ | トップページ | 2017-226M 「シネマ歌舞伎 め組の喧嘩」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/66097413

この記事へのトラックバック一覧です: 2017-225M 「ザ・シークレットマン」☆☆☆★:

« 2017-224M 「あゝ、荒野 後編」☆☆☆ | トップページ | 2017-226M 「シネマ歌舞伎 め組の喧嘩」 »