« 2015-024M 「テキサスの五人の仲間」☆☆☆★★ | トップページ | 2015-026M 「仁義なき戦い 広島死闘篇」☆☆☆★★ »

2015-025M 「あと1センチの恋」☆☆☆★★

Loverosie 原題:Love, Rosie
邦題:あと1センチの恋
時間:103分
公開:2014-12-13
製作年度:2014
製作国:ドイツ・イギリス
配給:ファントム
製作総指揮:マーティン・モスコウィック
製作:ロバート・クルツァー、サイモン・ブルックス
監督:クリスチャン・ディッター
脚本:ジュリエット・トウィディ
原作:セシリア・アハーン
撮影:クリスティアン・ライン
音楽:ラルフ・ベンゲンマイアー
出演:リリー・コリンズ(ロージー)、サム・クラフリン(アレックス)、クリスチャン・クック、タムシン・エガートン、スキ・ウォーターハウス、ジェイミー・ビーミッシュ、ジェイミー・ウィンストン
昨年12月に小規模で公開されたが、連日若い女性が詰めかけてのスマッシュヒットという噂を聞いたので観た。制服を着た女子中高生のグループも多く、やや居心地の悪し。本作は、10年前にキュートな小品「カレンダー・ガールズ」を書いた女性脚本家のジュリエット・トゥディの新作。少女コミックのような12年にわたるすれ違い恋愛ドラマ。ご都合主義的な人物配置など突っ込みどころは満載だけど、どうやら映画的な理屈を超越して、女性たちの琴線にビンビンに響いてくるらしい。クライマックスはあちこちですすり泣き。これは口コミの威力が凄いだろうと想像できる。もうしばらくは女の子たちの必須アイテム映画になりそう。このヒットの要因は映画そのものもあるだろうが、なんと言っても<邦題の妙>だと思う。原題は「Love, Rosie」というヒロインの名前。直訳しても意味不明。なにも伝えてこない。それを「あと1センチの恋」という超絶技巧な邦題を<発見>したことが見事。

|

« 2015-024M 「テキサスの五人の仲間」☆☆☆★★ | トップページ | 2015-026M 「仁義なき戦い 広島死闘篇」☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/61088009

この記事へのトラックバック一覧です: 2015-025M 「あと1センチの恋」☆☆☆★★:

« 2015-024M 「テキサスの五人の仲間」☆☆☆★★ | トップページ | 2015-026M 「仁義なき戦い 広島死闘篇」☆☆☆★★ »