« 相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 ☆☆☆ | トップページ | 陰謀のセオリー ☆☆☆ »

白いリボン ☆☆☆★★

Ribonwhite 原題:DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE
邦題:白いリボン
時間:144分
公開:2010-12-04
製作年度:2009
製作国:ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア
配給:ツイン
製作総指揮:
製作:シュテファン・アルント、ファイト・ハイドゥシュカ、ミヒャエル・カッツ
監督:ミヒャエル・ハネケ
脚本:ミヒャエル・ハネケ
原作:
撮影:クリスティアン・ベルガー
音楽:
出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ、ブルクハルト・クラウスナー、ライナー・ボック、スザンヌ・ロタール、ウルシーナ・ラルディ、シュテッフィ・クーネルト、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ブランコ・サマロフスキー

2009年のパルムドール作品。モノクロで耽美な映像で語られる、欧州戦争前夜の北ドイツの田舎町。そこは領主と小作人らの数百年にわたる支配と服従(ウェーバーの伝統的支配にあたるのか)が根付いているが、領主が支配しきれなくなってきている気配もある町。教会と牧師が、その町の精神を支配し、牧師自身が自らの家庭においても支配者として君臨している。そんななかまきおこる悪意み満ちたさまざまな事件。映画はその結末を語らないが、堆積した<町の歴史の澱>のようなものが次代への閉塞感を直感で持つ子供たちを蝕んでいく。ハネケの作品ではあるが、私の印象ではベルイマン的な「宗教で救いきれない病みきった精神」「崩壊しつつある状況から目を背け否定し続ける権威」といったモチーフが満載。カンヌ向きね。こういうのは。

|

« 相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 ☆☆☆ | トップページ | 陰謀のセオリー ☆☆☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/50621270

この記事へのトラックバック一覧です: 白いリボン ☆☆☆★★:

» 映画「白いリボン」その白いリボンが象徴するものは? [soramove]
「白いリボン」★★★★ クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、 フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ、ブルクハルト・クラウスナー出演 ミヒャエル・ハネケ監督、145分、2010年12月4日公開、 2009,ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア,ツイン (原作:原題:DAS WEISSE BAND)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 20... [続きを読む]

受信: 2011.01.24 07:24

« 相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜 ☆☆☆ | トップページ | 陰謀のセオリー ☆☆☆ »