« Letters to Juliet ☆☆☆★ | トップページ | シスタースマイル ドミニクの歌 ☆☆☆★ »

ぼくのエリ 200歳の少女 ☆☆☆★★

Bokueli
原題:LET THE RIGHT ONE IN
邦題:ぼくのエリ 200歳の少女
時間:115分
公開:2010-07-10
製作年度:2008
製作国:スウェーデン
配給:ショウゲート
製作総指揮:
製作:
監督:トーマス・アルフレッドソン
脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
音楽:ヨハン・セーデルクヴィスト
出演:カーレ・ヘーデブラント(オスカー)、リーナ・レアンデション(エリ)、ペール・ラグナー

リリカルな12歳の少年少女のほのかな愛を描いているような静謐なドラマの根底に「哀しき吸血鬼」の重奏低音が。北欧の作品らしいピュアも極まった「心」の彷徨が、クライマックスの衝撃的な映像で観る者に「忘れられない作品」として刻み込む。オスカーは可愛いのだが、エリはもうちょっと透明感のあるビジュアルの役者にして欲しかったのは個人的な趣味だけど、残念。ママとの関係性をもうちょっと描いてもよかったかもしれない。それにしても冒頭のエリの父親の「正体」が、クライマックスでNEXTを予感させるというけっこう練られた仕上がりになっている。こういう珠玉系な作品に出会えるのは映画好きとしては幸せ。

|

« Letters to Juliet ☆☆☆★ | トップページ | シスタースマイル ドミニクの歌 ☆☆☆★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/48993067

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのエリ 200歳の少女 ☆☆☆★★:

» 映画「ぼくのエリ 200歳の少女 」北欧発のヴァンパイア映画はちょっとテイストがちょっと違う [soramove]
「ぼくのエリ 200歳の少女 」★★★☆ カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナル出演 トーマス・アルフレッドソン監督、115分、 2010年7月10日より順次公開、2008,スウェーデン,ショウゲート (原題:LET THE RIGHT ONE IN)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「世界のどこでも“いじめ”は存在し 特に被害者の人格形成に重要な影... [続きを読む]

受信: 2010.11.21 09:48

« Letters to Juliet ☆☆☆★ | トップページ | シスタースマイル ドミニクの歌 ☆☆☆★ »