« バレンタインデー ☆☆☆★ | トップページ | 17歳の肖像 ☆☆☆★★ »

ハート・ロッカー ☆☆☆★★★

Hurtlocker 原題:THE HURT LOCKER
邦題:ハート・ロッカー
時間:131分
公開:2010-03-06
製作年度:2008
製作国:アメリカ
配給:ブロードメディア
製作総指揮:トニー・マーク
製作:キャスリン・ビグロー、マーク・ボール、ニコラス・シャルティエ、グレッグ・シャピロ
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
編集:ボブ・ムラウスキー、クリス・イニス
撮影:バリー・アクロイド
音楽:マルコ・ベルトラミ 、バック・サンダース
出演:ジェレミー・レナー(ウィリアム・ジェームズ二等軍曹)、アンソニー・マッキー(J・T・サンポーン軍曹)、ブライアン・ジェラティ(オー ウェン・エルドリッジ技術兵)、レイフ・ファインズ(請負チームリーダー)、ガイ・ピアース(マット・トンプソン軍曹)、デヴィッド・モース(リード大 佐)、エヴァンジェリン・リリー(コニー・ジェームズ)、クリスチャン・カマルゴ(ケンブリッジ大佐)

「アバター」とアカデミー賞を競うに十分な力量のある作品。撮影、編集、音響、録音はほぼ確実。主演男優、監督賞はかなりの確率でこちらへ落ちそ う。となると「アバター」は作品だけかな。脚本賞もあげたいが、ベッカム君のエピソードが完全に不要。クライマックスに帰国後の姿が描かれているけど、こ こでオリジナルのシナリオではあるらしい重要なシーンが失われている。撮影したのか、しなかったのか。わからないけど、この重要性は女性には絶対理解でき ないだろうポイント。このシーンが入ってないことによって、ラストカットの重みが断然ちがう。これが惜しい。本当に惜しい。それほどに良くできた作品なの に。

|

« バレンタインデー ☆☆☆★ | トップページ | 17歳の肖像 ☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/47664007

この記事へのトラックバック一覧です: ハート・ロッカー ☆☆☆★★★:

« バレンタインデー ☆☆☆★ | トップページ | 17歳の肖像 ☆☆☆★★ »