« かいじゅうたちのいるところ ☆☆☆ | トップページ | フィリップ、きみを愛してる! ☆☆☆★★ »

シャネル&ストラヴィンスキー ☆☆☆★★

Coco_and_igor 原題:COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY
邦題:シャネル&ストラヴィンスキー
時間:119分
公開:2010-01-16
製作年度:2009
製作国:フランス
配給:ヘキサゴン
製作総指揮:
製作:クローディー・オサール、クリス・ボルズリ
監督:ヤン・クーネン
脚本:クリス・グリーンハルジュ 、ヤン・クーネン
原作:クリス・グリーンハルジュ
撮影:ダヴィド・アンガロ
音楽:ガブリエル・ヤレド
出演:アナ・ムグラリス(ココ・シャネル)、マッツ・ミケルセン(イゴール・ストラヴィンスキー)、アナトール・トーブマン(アーサー“ボーイ” カペル)、エレーナ・モロゾーワ(カトリーヌ・ストラヴィンスキー)、ナターシャ・リンディンガー(ミシア・セール)、グリゴリ・モヌコフ(セルゲイ・ ディアギレフ)

これで、シャネルに関する3本の映画を見たことになるが、これがとりあえず一番映画的にまっとう。二番目がシャーリー・マクレーンが老境のシャネ ルを演じた作品。オードレイ・トゥトゥのは問題外。で、この作品はシャネルがストラヴィンスキーのパトロンをしている数カ月の物語。それにしてもここまで 高いところから見下して支配してたとは思わなかった。映画ではシャネルがどういう心持ちでパトロンしてたのか、というあたりが「ニュアンス」でしか描かれ ていないからもうひとつはっきりしない。ストラヴィンスキー夫人がいい味を出している美女だったのが印象的。存在感がすっごくある。スーパーキャリアウー マン的なシャネル役も悪くないけど、マクレーンの重厚さには負ける。

|

« かいじゅうたちのいるところ ☆☆☆ | トップページ | フィリップ、きみを愛してる! ☆☆☆★★ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/47349385

この記事へのトラックバック一覧です: シャネル&ストラヴィンスキー ☆☆☆★★:

« かいじゅうたちのいるところ ☆☆☆ | トップページ | フィリップ、きみを愛してる! ☆☆☆★★ »