« アドレナリン | トップページ | 宮廷画家ゴヤは見た »

闇の子供たち

Yaminokodomo邦題:闇の子供たち
時間:138分
公開:2008-08-02
製作年度:2008
製作国:日本
配給:ゴー・シネマ
製作総指揮:
製作:気賀純夫、大里洋吉
プロデューサー: 椎井友紀子
監督:阪本順治
脚本:阪本順治
原作:梁石日
撮影:笠松則通
音楽:岩代太郎
出演:江口洋介(南部浩行)、宮崎あおい(音羽恵子)、妻夫木聡(与田博明)、プラパドン・スワンバーン(チット)、プライマー・ラッチャタ(ナパポーン)、豊原功補(清水哲夫)、鈴木砂羽(梶川みね子)、塩見三省、佐藤浩市(梶川克仁)

梁石日の原作。オチは主人公もサイコだったっていうわけだけど、本筋はタイの子供売春の実態と、臓器売買の真相、みたいな告発ルポっぽいもの。宮崎あおいがどんどんタイ人っていうか、安いアジア人に変貌していくのを、リアルな演技っていうのか、あおいちゃんの本質が露呈しちゃったっていうのか。ごつごつとした社会派な映画って珍しいからそれなりに集客しているみたいだけど、重すぎて嫌いかな。わたし的には。

|

« アドレナリン | トップページ | 宮廷画家ゴヤは見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画まやらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/42661499

この記事へのトラックバック一覧です: 闇の子供たち:

« アドレナリン | トップページ | 宮廷画家ゴヤは見た »