« D-WARS ディー・ウォーズ | トップページ | アドレナリン »

ウォンテッド

Wanted2008原題:WANTED
邦題:ウォンテッド
時間:110分
公開:2008-09-20
製作年度:2008
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
製作総指揮:ゲイリー・バーバー 、ロジャー・バーンバウム 、ガイヤー・コジンスキー 、アダム・シーゲル 、マーク・シルヴェストリ
製作:マーク・プラット、ジム・レムリー、ジェイソン・ネッター
監督:ティムール・ベクマンベトフ
脚本:マイケル・ブラント 、デレク・ハース 、クリス・モーガン
原作:マーク・ミラー 、J・G・ジョーンズ
撮影:ミッチェル・アムンドセン
音楽:ダニー・エルフマン
出演:アンジェリーナ・ジョリー(フォックス)、ジェームズ・マカヴォイ(ウェスリー・ギブソン)、モーガン・フリーマン(スローン)、テレンス・スタンプ(ペクワースキー)、トーマス・クレッチマン(クロス)、コモン(ザ・ガンスミス)、クリステン・ヘイガー、マーク・ウォーレン、デヴィッド・オハラ

なんともオチが貧弱で。設定は超能力を駆使した暗殺者軍団が太古からあって、ある日さえない青年が、その血脈にあると言われ、仲間にされていく。っていう殺し屋フリーメーソンみたいな話。まあ、撃ったピストルの弾を曲げるだけなんだけどね。あと窓ガラスを撒き散らしながら空をジャンプしたり。そんな必要あるのかな?っていうような無駄な動きだらけの殺し屋稼業。メインはその青年の父親の死の真相探し。案の定な犯人で、しかも暗殺者軍団も、ラストじゃ死に絶える。こんなんでいいのかしら。「こういう能力もったチームがいてね」っていう発想だけあって、あとでそこいらのストーリーをつぎはぎしただけなエピソード羅列系な陳腐きわまりない映画。それでも、映像も派手だし、単純だし、キャスティングも「マネーメーキングクイーンのアンジェリーナだもん」っていうウリがあるからブロックバスターになるのよね。中味無いからすぐランクダウンするけど。

|

« D-WARS ディー・ウォーズ | トップページ | アドレナリン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/42600202

この記事へのトラックバック一覧です: ウォンテッド:

« D-WARS ディー・ウォーズ | トップページ | アドレナリン »