« ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 | トップページ | 最後の晩餐/平和主義者の連続殺人 »

レッドクリフ

Redcliff 原題:RED CLIFF/赤壁
邦題:レッドクリフ
時間:150分
公開:2008-11-01
製作年度:2008
製作国:中国
配給:東宝東和
製作:テレンス・チャン、ジョン・ウー
監督:ジョン・ウー
脚本:
原作:三国志
撮影:コリー・ユン
音楽:岩代太郎
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン

渋谷公会堂がCCレモンシアターなんて悪い冗談なんだけど、それはさておき、あの規模の客席にしては小さな小さなスクリーンで「超大作」の完成披露なんて、ミスキャストよね。劇場の。で、小さなスクリーンで見た超大作は、もちろん前後篇になったっていう情報はあったんだけど、マスコミ試写の割には「コンティニュー」が出て場内がざわめくのにはびっくり。知らなかったの?およそ試写にくるマスコミの人たちが一番メインなとこを知らないなんて、なんてどうでもいいことに驚いた。のはさておき、さすがに中国で気合入れて作っただけあって、スペクタクルは十分。だからもっと大きなスクリーンで見たかった。三国志の有名なエピソード「赤壁の戦い」を主題にしつつ、そこへの前哨戦が今回の前篇。来春公開される予定の後編が「赤壁」の攻防戦ってことになってるらしい。金城武がけっこうはまってけど、物語は「戦闘」のエピソード繋がりがメイン。女性がほとんど重要な役割で出てこないので、興業的にはきついかもね。デートに誘われたら断るタイプの映画だわ。女性としては。ロマンチックじゃないもの。「墨攻」と比較されそうだけど、お金のかけかたはこっちの勝ち。それにしても社運をかけちゃった製作出資のエイベックスは大丈夫かしら。今年から来年にかけて、新興映画出資企業、USENとエイベックス、屋台骨が映画みたいな水商売でゆらいじゃうかも。

|

« ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 | トップページ | 最後の晩餐/平和主義者の連続殺人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/42030281

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ:

« ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 | トップページ | 最後の晩餐/平和主義者の連続殺人 »