« 1408 | トップページ | スピード・レーサー »

告発のとき

Kokuhatunotoki 原題:IN THE VALLEY OF ELA
邦題:告発のとき
時間:121分
公開:2008-06-28
製作年度:2007
製作国:アメリカ
配給:ムービーアイ
製作総指揮:スタン・ヴロドコウスキー 、デヴィッド・ギャレット 、エリック・フェイグ 、ジェームズ・ホルト 、エミリオ・ディエス・バロッソ
製作:ポール・ハギス、パトリック・ワックスバーガー、スティーヴ・サミュエルズ、ダーレーン・カーマニョ・ロケット、ローレンス・ベクシー
監督:ポール・ハギス
脚本:ポール・ハギス
原作:マーク・ボール、ポール・ハギス
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:マーク・アイシャム
出演:トミー・リー・ジョーンズ(ハンク・ディアフィールド)、シャーリーズ・セロン(エミリー・サンダース)、スーザン・サランドン(ジョアン・ディアフィールド)、ジョナサン・タッカー(マイク・ディアフィールド)、ジェームズ・フランコ(カーネリー大佐)、フランシス・フィッシャー(エヴィ)、ジョシュ・ブローリン(ブシュワルド所長)、ジェイソン・パトリック(カークランダー警部補)

ポール・ハギスの詰め将棋みたいな脚本。静的なトーンは彼の持ち味かしら。ともあれ地味に「息子の死」の真相を追っていく父親と、その真相の裏にある「アメリカの罪」を描く理詰めな作品。けっこうシャーリーズ・セロンが抑えた演技でよかったわ。それにしてもちょっと長く感じたな。原題の意味が深い作品よね。邦題だと、この映画が描きたかったことが伝わらないかもしれない。なぜ神話で少年が戦いに出たのか。そして誰も止めなかったのか。その神話がクライマックスで「語り継がれる」意味は?・・・。ほんとならもっと深い感動へ流れ込めるんだろうけど、あまりに抑揚がない演出なんで半分も伝わらないのが残念ね。

|

« 1408 | トップページ | スピード・レーサー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/41887467

この記事へのトラックバック一覧です: 告発のとき:

« 1408 | トップページ | スピード・レーサー »