« セックス・アンド・ザ・シティ | トップページ | 僕の彼女はサイボーグ »

神様のパズル

Godpuzuru邦題:神様のパズル
時間:134分
公開:2008-06-07
製作年度:2008
製作国:日本
配給:東映
製作総指揮:角川春樹
製作:山本英俊
監督:三池崇史
脚本:NAKA雅MURA
原作:機本伸司
撮影:柳島克己
音楽:鳥山雄司
出演:市原隼人(綿貫基一/喜一)、谷村美月(穂瑞沙羅華)、松本莉緒(白鳥)、田中幸太朗(佐倉)、岩尾望(須藤)、黄川田将也(相理)、六平直政、塩見三省、遠藤憲一、李麗仙、笹野高史、國村隼、若村麻由美、石田ゆり子(鳩村)

ハードな物理学SFっぽいのかな、原作。読んでないけど。で、それを映画にすると、物理理論のガチな部分が「台詞」にしなきゃいけないわけで、ヘタウマイラスト風に演出されていたりの工夫はあるけど、大失敗。結局のところ、なにがなんだか最後まで判らない作品になってしまってる。引きこもりの天才美女と壊れたお馬鹿なロッカーっていうありきたりな構造のラブコメの失敗作。SF好きとしてはちょっとは期待したのに、これじゃあねぇ。一番もりあがるクライマックスも「何が起きているのか」ってことがさっぱり伝わってこない。観客が「理解」の歩み寄りをしなきゃいけないのって辛い。

|

« セックス・アンド・ザ・シティ | トップページ | 僕の彼女はサイボーグ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画あかさ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/41501348

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のパズル:

« セックス・アンド・ザ・シティ | トップページ | 僕の彼女はサイボーグ »