« 愛がこわれるとき | トップページ | 陰日向に咲く »

永遠と一日

Eientoitiniti 原題:MIA AIWNIOTHTA KAI MIA MERA
邦題:永遠と一日 
時間:134分
公開:1999-03
製作年度:1998
製作国:ギリシャ/フランス/イタリア
配給:フランス映画社
製作総指揮:
製作:テオ・アンゲロプロス、エリック・ウーマン、ジョルジオ・シルヴァーニ、アメディオ・パガーニ
監督:テオ・アンゲロプロス
脚本:テオ・アンゲロプロス
原作:
撮影:ジョルゴス・アルヴァニティス、アンドレアス・シナノス
音楽:エレニ・カラインドロウ
出演:ブルーノ・ガンツ、イザベル・ルノー、アキレアス・スケヴィス、デスピナ・ベベデリ、イリス・ハチャントニオ、ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ

アンゲロプロスの現代ドラマ。静寂と騒音が背中合わせになって描かれる、死にゆく老人と生きるために密入国した少女の物語。老人の「生」への記憶と少女の「死」の予感が、切なく静かに切り取られていく。穏やかな終末へのささやかな「人生を生きる」ことを永遠に続く人間の営みの中から、老人は映画冒頭の車のUターンで選択するの。「死」が悲劇ではなくて「記憶」の領域かもしれない、っていうアンゲロプロスのわりと共通したテーマも垣間見えるわ。

|

« 愛がこわれるとき | トップページ | 陰日向に咲く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/40088031

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠と一日 :

« 愛がこわれるとき | トップページ | 陰日向に咲く »