« アメリカン・スウィートハート | トップページ | グラディエーター »

奇跡

Ordet 原題:ORDET
邦題:奇跡       
時間:126分
公開:1972-02
製作年度:1955
製作国:ベルギー/デンマーク
配給:フランス映画社
製作総指揮:
製作:
監督:カール・テオドール・ドライエル
脚本:カール・テオドール・ドライエル
原作:カイ・ムンク
撮影:ヘニング・ベンツェン
音楽:ポウル・シーアベック
出演:ヘンリク・マルベルイ、エミル・ハス・クリステンセン、プレーベン・レーアドルフ・リュ、ビアギッテ・フェダースピール


ベルイマンといいドライヤーといい、ここまで「宗教」について禁欲的・原理主義的に追求する作品をつくるのかしら。北欧の「地の果て」のような風景の中に生きていくと「神の存在」が人間の生きていく全てになってしまうのかしら。ちょっと理解不能な感覚よね。日本人にとっては、多分。で、この作品は「神の信じ方」の対立。そしてその一方の家族の中でも「神の信じ方」についての見失った真実を描いている。クライマックスは「神の信じ方」ではなくて有無を言わせない「神の存在」を悲劇と再生で証明するの。シンプルなストーリーの中に、描きたかった全てのための要素しか存在しない映画。余裕がなくて堅苦しい。無駄がないっていえばそうだけど、映画というものからエンタテイメントをを排除すると、ここまで静謐になるっていう見本みたいね。

|

« アメリカン・スウィートハート | トップページ | グラディエーター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/17763508

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡:

« アメリカン・スウィートハート | トップページ | グラディエーター »