« ヘアスプレー 2007-10-01 | トップページ | 自虐の詩 2007-10-03 »

ロンリーハート 2007-10-03

Lonelyheart 原題:LONELY HEARTS
邦題:ロンリーハート
時間:104分
公開:2007-11-10
製作年度:2006
製作国:アメリカ/ドイツ
配給:SPE
製作総指揮:ランドール・エメット 、ジョージ・ファーラ 、ジョセフ・ローテンシュレイガー 、アンドレアス・ティースマイヤー 、マンフレット・ハイト 、グレッド・コーチリン 、アヴィ・ラーナー 、ダニー・ディムボート 、ジョン・トンプソン 、トレヴァー・ショート
製作:ボアズ・デヴィッドソン、ホリー・ウィーアズマ
監督:トッド・ロビンソン
脚本:トッド・ロビンソン
原作:
撮影:ピーター・レヴィ
音楽:マイケル・ダナ
出演:ジョン・トラヴォルタ 、ジェームズ・ガンドルフィーニ 、ジャレッド・レトー 、サルマ・ハエック 、スコット・カーン 、ローラ・ダーン

「伝記」ものがブームだった流れのなかで「有名な犯罪の実録もの」なんていうジャンルもあったのね、っていうのを気づいたのが「ブラック・ダリア」とか「ゾディアック」とか。真実だから嘘をつきすぎることができない分だけドラマティックな映画的な展開をしづらい企画なのはよくわかる。で、この作品も実録もの系列。女性をだます結婚詐欺&連続殺人。そのカップルの犯人を追い詰める刑事。監督がその刑事の孫、なんていうおまけもあってジョン・トラボルタが寡黙なヒーローを演じてる。プレスシートにある「本当の犯人の女性」は仰天するくらいのビジュアルなんだけど、彼女をサルマ・ハエックが妖艶に演じてる。このあたり映画的理由。でもやっぱりオリジナル刑事ものみたいにカーチェイスばりばり、マグナム乱射、なことは一切なくて地味にじっとりと犯罪と追跡のサスペンスを描いていく。ってことは眠りを誘うって結果になっちゃんだけどね。一番おいしい役だったのは犯人のジャレッド・レトね。これは決まり。

|

« ヘアスプレー 2007-10-01 | トップページ | 自虐の詩 2007-10-03 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/16649528

この記事へのトラックバック一覧です: ロンリーハート 2007-10-03:

« ヘアスプレー 2007-10-01 | トップページ | 自虐の詩 2007-10-03 »