« アトミック・カフェ 2008-08-08 | トップページ | 消えた天使 207-08-09 »

4分間のピアニスト 2007-08-08

4minutes原題:VIER MINUTEN
邦題:4分間のピアニスト
時間:115分
公開:2007-
製作年度:2006
製作国:ドイツ
配給:GAGA
製作総指揮:
製作:メイケ・コルデス、アレクサンドラ・コルデス、クリス・クラウス
監督:クリス・クラウス
脚本:クリス・クラウス
原作:
撮影:ジュディス・カウフマン
音楽:アネッテ・フォックス
出演:モニカ・ブライブトロイ 、ハンナー・ヘルツシュプルング 、スヴェン・ピッピヒ 、リッキー・ミューラー 、ヤスミン・タバタバイ 、シュテファン・クルト 、ヴァディム・グロウナ 、ナディヤ・ウール

ラストカットのストップモーションが秀逸。主人公の笑みが「映画の鑑賞後感」に大きなインパクトを与えてる。このワンカットで、まあそれなりな作品が「ちょっと心に残る作品」にランクが上がっちゃう。ドイツ映画らしく、老人が出てくれば「ナチ時代の暗い過去」なんて設定が重奏低音のように敷かれた世界観。映画の描いている、主人公の生き方っていうテーマに相対性として据えられているから必然としてあるわけで、とってつけたようなものじゃないから(そんなドイツ映画もあるけど)認める。まあピアノ版の「あしたのジョー」なわけで、重厚に描いているけど本質は少年ジャンプな世界。それを映画芸術にまで高める両女優の演技が見事。少年ジャンプな物語だから日本人としては入りやすいかもしれないわね。クライマックスのピアノの演奏は意見が別れそう。わたしはたぶん否定派。

|

« アトミック・カフェ 2008-08-08 | トップページ | 消えた天使 207-08-09 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/16051873

この記事へのトラックバック一覧です: 4分間のピアニスト 2007-08-08:

« アトミック・カフェ 2008-08-08 | トップページ | 消えた天使 207-08-09 »