« ストーン・カウンシル 2007-06-11 | トップページ | ラ・スクムーン 2007-06-13 »

晩秋 2007-06-12

Dad原題:DAD
邦題:晩秋
時間:118分
公開:1990-04
製作年度:1989
製作国:アメリカ
配給:UIP
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 、フランク・マーシャル 、キャスリーン・ケネディ
製作:ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ、ジョセフ・スターン 
監督:ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ
脚本:ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ
原作:ウィリアム・ワートン
撮影:ジャン・キーサー
音楽:ジェームズ・ホーナー
出演:ジャック・レモン 、テッド・ダンソン 、オリンピア・デュカキス 、キャシー・ベイカー 、イーサン・ホーク 、ケヴィン・スペイシー 、J・T・ウォルシュ

ジャック・レモンがすっごくいい。祖父と父と息子の物語。原題が「DAD」ですものね。邦題の「晩秋」だとジャック・レモンだけの物語になっちゃうけど、実は原題どおりにその下の世代の父子のお話も重要。アメリカが本来持ち続けていたい「理想の家族」っていうものはスクリーンの中でしか擬似体験できないって、私は言い続けてるけど、この作品もそうね。なんか懺悔しあうんだもの。三世代の父子が。でも現実は弁護士が離婚ビジネスを拡大展開してるアメリカには過去はともかく、現在も未来も、この作品にあるような「理解」は決して訪れないのよね。たてまえだけね。所詮。

|

« ストーン・カウンシル 2007-06-11 | トップページ | ラ・スクムーン 2007-06-13 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストーン・カウンシル 2007-06-11 | トップページ | ラ・スクムーン 2007-06-13 »