« ハンニバル・ライジング 2007-05-11 | トップページ | ママの遺したラヴソング 2007-05-13 »

男と女の詩  2007-05-12

Bonne_annee原題:LA BONNE ANNEE
邦題:男と女の詩
時間:115分
公開:1974-03
製作年度:1973
製作国:フランス
配給:東和
製作総指揮:
製作:クロード・ルルーシュ
監督:クロード・ルルーシュ
脚本:クロード・ルルーシュ 、ピエール・ユイッテルヘーベン
原作:
撮影:ジャン・コロン
音楽:フランシス・レイ
出演:リノ・ヴァンチュラ 、フランソワーズ・ファビアン 、シャルル・ジェラール 、アンドレ・ファルコン

冒頭「男と女」のクライマックスが延々と流されて、実は刑務所で囚人を集めての映画会だったっていう、フランス映画っぽい楽屋落ちからはじまるのにはちょっとびっくり。なんとものんきな宝石泥棒物語。本気で宝石泥棒するのか、目にとまったフランソワーズ・フェビアンとの恋愛を大事とするのか、あまりにてきとーなの。宝石泥棒の「仕掛け」はけっこう緻密に考えてあるのに、彼女とベッドで他愛のなり恋愛を語ってみたり。でもなにがあろうと余裕綽々で渋いチョイワルオヤジなリノ・バンチェラが素敵。クロード・ルルーシュのテイストってこういうのかしら。本気で強奪サスペンス&アクション映画を作ろうって思ってないみたい。

|

« ハンニバル・ライジング 2007-05-11 | トップページ | ママの遺したラヴソング 2007-05-13 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/15043588

この記事へのトラックバック一覧です: 男と女の詩  2007-05-12:

« ハンニバル・ライジング 2007-05-11 | トップページ | ママの遺したラヴソング 2007-05-13 »