« パビリオン山椒魚 2007-04-13 | トップページ | サンシャイン 2057 2007-04-16 »

現金に体を張れ 2007-04-16

Thekilling原題:THE KILLING
邦題:現金に体を張れ
時間:85分
公開:1957-10
製作年度:1956
製作国:アメリカ
配給:ユニオン=映配
製作総指揮:
製作:ジェームズ・B・ハリス
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック
原作:ライオネル・ホワイト
撮影:ルシアン・バラード
音楽:ジェラルド・フリード
出演:スターリング・ヘイドン 、マリー・ウィンザー 、コリーン・グレイ 、ヴィンセント・エドワーズ 、ジェイ・C・フリッペン 、テッド・デ・コルシア 、ティモシー・ケリー 、エリシャ・クック・Jr

ものすごくテンポのいい映画。っていうか脚本が凄い。競馬の売り上げ強奪事件を時系列的に追いながら、それぞれの共犯者の行動がそれぞれの思惑や家庭の都合で「計画」から微妙にずれていくの。計画のために分きざみで配置された共犯者がピタゴラスイッチみたいに動き出すさまを、それぞれの登場人物の側から何度も何度も視点を変えて繰り返されるのは、帰納法的な「羅生門」みたいな感じ。そのわりにはオチがオバサンの連れていた犬の暴走っていうのも、ちょっと安易かもしれないわ。いずれにしろ、あのまま犯罪が成功してもいいんだけど、ハリウッド映画としては「犯人は報いを受ける」ってことにしなきゃいけないからかもしれないわね。この後味の悪いクライマックスは。

|

« パビリオン山椒魚 2007-04-13 | トップページ | サンシャイン 2057 2007-04-16 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

洋画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/14700909

この記事へのトラックバック一覧です: 現金に体を張れ 2007-04-16:

« パビリオン山椒魚 2007-04-13 | トップページ | サンシャイン 2057 2007-04-16 »