« ゆれる 2007-04-13 | トップページ | 現金に体を張れ 2007-04-16 »

パビリオン山椒魚 2007-04-13

Pavillionsanshouo邦題:パビリオン山椒魚
時間:98分
公開:2006-09-16
製作年度:2006
製作国:日本
配給:東京テアトル
製作総指揮:
製作:松下晴彦、御領博 
監督:冨永昌敬
脚本:冨永昌敬
原作:
撮影:月永雄太
音楽:菊地成孔
出演:オダギリジョー 、香椎由宇 、高田純次 、麻生祐未 、光石研 、KIKI 、キタキマユ 、斉藤陽一郎 、杉山彦々 、津田寛治

いったい何をしたかったのか意味不明な映画。単なるオダジョーファンならば、彼が動いて写ってればいいのかもしれないけど、別に動く写真集を観たいわけじゃない私としては、ただただ苦痛な98分だった。物語の設定も、物語の意味も、物語のベクトルも、さっぱり理解不能なまま、姉と思ってた人が母だった、っていうことを唐突にオチとして提示して終わらせてしまう。家族の物語なのか、山椒魚の物語なのか、まあ、年に何本か、わけのわからないモノを焼きこまれたフィルムに同情する作品があるけど、これはその一本なのは確実だわ。

|

« ゆれる 2007-04-13 | トップページ | 現金に体を張れ 2007-04-16 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画たなは行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/14678683

この記事へのトラックバック一覧です: パビリオン山椒魚 2007-04-13:

« ゆれる 2007-04-13 | トップページ | 現金に体を張れ 2007-04-16 »