« 上海の伯爵夫人 2007-04-05 | トップページ | ホリデイ 2007-04-06 »

ハッピー フィート 2007-04-06

Happyfeet原題:HAPPY FEET
邦題:ハッピー フィート
時間:108分
公開:2007-03-17
製作年度:2006
製作国:オーストラリア/アメリカ
配給:WB
製作総指揮:ザレー・ナルバンディアン 、グレアム・バーク 、デイナ・ゴールドバーグ 、ブルース・バーマン
製作:ジョージ・ミラー、ダグ・ミッチェル、ビル・ミラー 
監督:ジョージ・ミラー
脚本:ジョージ・ミラー 、ジョン・コリー 、ジュディ・モリス 、ウォーレン・コールマン
原作:
撮影:
音楽:ジョン・パウエル
出演:イライジャ・ウッド 、ブリタニー・マーフィ 、ヒュー・ジャックマン 、ニコール・キッドマン 、ヒューゴ・ウィーヴィング 、ロビン・ウィリアムズ 、カルロス・アラズラキ 、ジョニー・A・サンチェス 、ジェフ・ガルシア 、ロンバルド・ボイアー 、マグダ・ズバンスキー 、ミリアム・マーゴリーズ 、アンソニー・ラパリア 、E・G・デイリー

ペンギンの自己表現は「歌」で、歌えないペンギンは片輪ってことで排除されちゃうっていう現代性豊かな差別からスタートする。主人公の自己表現は「ダンス」なわけで、最後はその「ダンス」がペンギン絶滅に至る食糧危機を救うことになるんだけど、まあ「世界に一つだけの花」っていう偽善がアメリカンヒューマニズムでも罷り通ってるってことで、個性礼賛のまやかしが地球規模で行われてることが確認されちゃうの。ふつう、この状態で「ダンス」しか自己表現できないペンギンは野垂れ死にするにきまってるのが冷酷な現実だし、ましてや世界を救うような活躍をしちゃうっていう荒唐無稽さはアニメだからかもしれないけど、人と違いすぎても頑張ればヒーローになって成功するぞって勘違いを子供たちに与えそう。だってどう考えても、挫折の方が絶対的に多数なんだもの。ほどほど身の丈にあわせて生きていけば小さくても穏やかな幸せな人生が歩めたはずなのに、映画に啓発されて誇大妄想に生きて当然のように挫折して自爆してどん底であえぐことになるんだものね。

|

« 上海の伯爵夫人 2007-04-05 | トップページ | ホリデイ 2007-04-06 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/14578543

この記事へのトラックバック一覧です: ハッピー フィート 2007-04-06:

« 上海の伯爵夫人 2007-04-05 | トップページ | ホリデイ 2007-04-06 »