« テス 2007-03-14 | トップページ | 月の輝く夜に 2007-03-15 »

特攻大作戦 2007-03-14

Tokkdaisakusen原題:THE DIRTY DOZEN
邦題:特攻大作戦
時間:150分
公開:1967-10
製作年度:1967
製作国:アメリカ
配給:MGM
製作総指揮:
製作:ケネス・ハイマン
監督:ロバート・アルドリッチ
脚本:ナナリー・ジョンソン 、ルーカス・ヘラー
原作:E・M・ナサンソン
撮影:エドワード・スケイフ
音楽:フランク・デ・ヴォール
出演:リー・マーヴィン 、アーネスト・ボーグナイン 、ジム・ブラウン 、チャールズ・ブロンソン 、ジョン・カサヴェテス 、リチャード・ジャッケル 、クリント・ウォーカー 、テリー・サヴァラス 、ジョージ・ケネディ 、ラルフ・ミーカー 、ロバート・ライアン 、ドナルド・サザーランド 、ロバート・ウェッバー 、トリニ・ロペス 、トム・バスビー 、ベン・カルーザス 、スチュアート・クーパー 、ロバート・フィリップス 、コリン・メイトランド 、アル・マンシーニ

「汚い12人」っていう原題。ところが意味がありそうで何にも語ってない「特攻大作戦」なんていうコマーシャルなタイトルをつけられて「単なる戦争アクション」っていうレベルの映画にされちゃう日本のマーケット感覚って、やっぱ60年代ってそうなのね。とはいえ、戦争娯楽作品としては「クセのあるキャラクター」「少ない味方に大勢の敵」「獅子身中の虫=身内の敵」「スペクタクルな映像」っていう必要条件がきちんと配置されていて、けっこう長い映画なのに楽しめてしまう。ドイツの将校クラブ襲撃っていうメインテーマの前に、部隊の実力をみせるために国内演習で痛快な勝利をする、っていうヤマが二つあるからかしら。ちょっとイヤだったのは、ドイツの将校クラブの爆破で将校と一緒に女性たちもまとめて爆殺しちゃったとこ。ちょっとかわいそう。

|

« テス 2007-03-14 | トップページ | 月の輝く夜に 2007-03-15 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/14262227

この記事へのトラックバック一覧です: 特攻大作戦 2007-03-14:

« テス 2007-03-14 | トップページ | 月の輝く夜に 2007-03-15 »