« バベットの晩餐会 2007-03-01 | トップページ | 現代舞踊公演 2007-03-02 »

ラインの仮橋 2007-03-02

Passagedurhin原題:LE PASSAGE DU RHIN
邦題:ラインの仮橋
時間:125分
公開:1961-04
製作年度:1960
製作国:フランス/西ドイツ/イタリア
配給:NCC
製作総指揮:
製作:ラルフ・バウム
監督:アンドレ・カイヤット
脚本:アンドレ・カイヤット 、アーマンド・ジャモット 、パスカル・ジャルダン 、モーリス・オーベルジュ
原作:アンドレ・カイヤット
撮影:ロベール・クラベル
音楽:ピエール・ルイギ
出演:シャルル・アズナヴール 、ジョルジュ・リヴィエール 、ニコール・クールセル

ヨーロッパの戦争捕虜ってのんきなものなのね。どこまでリアルなのかしら。フランス軍へ召集された二人の男性が、映画的には戦闘場面なんかほとんど無いまま捕虜になって、ドイツの田舎で農家に労働力捕虜として預けられて、のんきに畑仕事なんかするの。主題は二人の男性とフランスへ置いてきた愛する女性との悲劇的な関係を描いた切ない物語ってこと。愛する女性がドイツ軍将校の愛人として生き延びて、でも彼女を愛しつづけるレジスタンス新聞記者の悲劇。孤児だったのを引き取ってくれたパン屋の跡継ぎとして妻の尻にしかれてる男が、捕虜として働いていたドイツの農家の未亡人への愛から、母国の家族を棄てて、ドイツへ戻っていく未完の悲劇。のんびりした平和な田園風景の中に人間の運命を捻り切る残酷さがあるってこと。満開のひまわりの畑を彷徨うソフィア・ローレンの絶望につながる、欧州的な戦争の傷跡がこういう形で描かれるのね。

|

« バベットの晩餐会 2007-03-01 | トップページ | 現代舞踊公演 2007-03-02 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/14102161

この記事へのトラックバック一覧です: ラインの仮橋 2007-03-02:

« バベットの晩餐会 2007-03-01 | トップページ | 現代舞踊公演 2007-03-02 »