« モーツァルトとクジラ 2007-02-16 | トップページ | ビクター/ビクトリア 2007-02-17 »

ドレスデン、運命の日 2007-02-16

Dresden原題:DRESDEN
邦題:ドレスデン、運命の日
時間:150分
公開:2007-06
製作年度:2006
製作国:ドイツ
配給:アルバトロス・フィルム
製作総指揮:
製作:
監督:ローランド・ズゾ・リヒター
脚本:シュテファン・コルディッツ
原作:
撮影:ホリー・フィンク
音楽:ハラルド・クローサー 、トーマス・ワンカー
出演:フェリシタス・ヴォール 、ジョン・ライト 、ベンヤミン・サドラー 、ハイナー・ラウターバッハ 、カタリーナ・マイネッケ 、マリー・ボイマー 、カイ・ヴィージンガー

長いなぁ。ちょっと。2時間半のメロドラマ。東京大空襲のような「歴史的に忘れられないカタストロフ」としてドレスデンの大空襲があったっていう史実を知らないから、そこに描かれた恋愛ドラマに、日本人としてメランコリックになりづらいの。戦後は東ドイツの街だったわけで、そういう意味では西側からは「忘れられてた」し、この映画も統合されなければ作られなかったでしょうね。ドレスデン大空襲の当日に病院長の貴族階級一家が逃亡しようとする中で、その一家の長女と偶然助けてしまった英国空軍パイロットとの恋愛。婚約者の裏切り。ナチの腐敗。そんなこんなを詰め込んで、大空襲によって全てが灰になっていくスペクタクルなクライマックス。メロドラマの王道ね。ドイツ映画だからドレスデンの街や人々への「思い」がある分だけ長尺になってるのが難。ハリウッド映画じゃ「単なる舞台」にすぎない使い方をするから2時間以内で収められるかもね。この程度のストーリーだと。

|

« モーツァルトとクジラ 2007-02-16 | トップページ | ビクター/ビクトリア 2007-02-17 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/13930945

この記事へのトラックバック一覧です: ドレスデン、運命の日 2007-02-16:

« モーツァルトとクジラ 2007-02-16 | トップページ | ビクター/ビクトリア 2007-02-17 »