« あるいは裏切りという名の犬 2006-12-28 | トップページ | デスペラード 2006-12-31 »

雲のむこう、約束の場所 2006-12-29

Kumonomukouyakusokuhobasyo邦題:雲のむこう、約束の場所
時間:91分
公開:2005-11-20
製作年度:2004
製作国:日本
配給:コスミックウェーブ
製作総指揮:
製作:
監督:新海誠
脚本:新海誠
原作:新海誠
撮影:
音楽:天門
出演:吉岡秀隆 、萩原聖人 、南里侑香 、石塚運昇 、井上和彦 、水野理紗

新海誠監督がひとりで作り上げたって言っても過言じゃない作品らしい。別に新海誠監督を知ってるわけじゃないけど、公開時の宣伝がそんな風だったのを覚えてるわ。で、気になって見逃してたのをDVDで鑑賞。北海道が独立していて日本と冷戦状態にあって、その北海道に人類絶滅を可能にする巨大な塔が建てられていて、という世界観。このあたりはもう監督の作り上げた「前提」なわけで、これを理解していかないと前へ進めない。「エヴァ」みたいにテレビシリーズでじっくり世界観の説明をしていってくれればいいんだけど、所詮は映画。90分ぽっちじゃなにがなにやら「想像筋肉」を全力で使わなければいけないの。ラストはへとへと。そりゃ監督は「全部知ってる」からいいけど、観る側はそうはいかない。新海マニアの方々(っているのかしら)は、その想像筋肉疲れを「心地よい疲労感」として受容できるかもしれないけど、わたしは絶対、ムリ。

|

« あるいは裏切りという名の犬 2006-12-28 | トップページ | デスペラード 2006-12-31 »

日本アニメ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画あかさ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/13329751

この記事へのトラックバック一覧です: 雲のむこう、約束の場所 2006-12-29:

« あるいは裏切りという名の犬 2006-12-28 | トップページ | デスペラード 2006-12-31 »