« ウェルカム!ヘヴン 2007-01-26 | トップページ | それでもボクはやってない 2007-01-27 »

成功の甘き香り  2007-01-26

Sweetsmell

原題:SWEET SMELL OF SUCCESS
邦題:成功の甘き香り
時間:96分
公開:1957-10
製作年度:1957
製作国:アメリカ
配給:UA
製作総指揮:
製作:ジェームズ・ヒル
監督:アレクサンダー・マッケンドリック
脚本:クリフォード・オデッツ 、アーネスト・レーマン
原作:アーネスト・レーマン
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
音楽:エルマー・バーンスタイン
出演:トニー・カーティス 、バート・ランカスター 、スーザン・ハリソン 、マーティン・ミルナー 、バーバラ・ニコルス

トニー・カーチスが卑怯は小物のマスコミコバンザメ。バート・ランカスターが世の中に大きな影響力を持つスターコラムニスト。マスメディアが「活字」であった時代の映画よね。いまならグルメ番組で取材してあげるから、って言ってレストランで食い逃げする事件とかがあるけど、そういうのかしら。トニー・カーチスがバートのコラムのゲラを読んで、そこに書かれてる芸人に「あのコラムニストに書かせてやる」って言いに行くアイデアは笑ったわ。カテゴリとしては社会派ドラマっていうのに入る映画なのかしら。どういう観客が観たのかしら。ちょっと興味ある。少なくともWASP中心なんだろうけど、1957年くらいだと。田舎じゃ閑古鳥だったかもね。

|

« ウェルカム!ヘヴン 2007-01-26 | トップページ | それでもボクはやってない 2007-01-27 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/13666202

この記事へのトラックバック一覧です: 成功の甘き香り  2007-01-26:

» 黒光りする実話の重み! [この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち]
どちらに肩入れするでもなく、刑務所長カール・マルデンと本音をぶつけ合うバート・ランカスターがこれも、渋く迫力を持った人間像を構築して、無類の代表作だろう。小さないさかいで刑務官さえ殺害してしまう男が、独房の中を鳥かごでいっぱいにして病に倒れる鳥たちの特効薬を発見するところから、助命運動が巻き起こる辺りも実に静かに語られる。 ... [続きを読む]

受信: 2007.01.31 11:21

« ウェルカム!ヘヴン 2007-01-26 | トップページ | それでもボクはやってない 2007-01-27 »