« 人生は、奇跡の詩 2006-12-14 | トップページ | ブレイド3 2006-12-16 »

ロープ 2006-12-15

Ropes演目 ロープ
作・演出 野田秀樹
出演 宮沢りえ、藤原竜也、渡辺えり子、宇梶剛士、橋本じゅん、三宅弘城、松村武、中村まこと、明星真由美、野田秀樹
劇場 文化村シアターコクーン

プロレスのリングの中では何が起きても、起きなかったことになる、っていう「導入設定」から、そのリングの中の「死」さえ起きておらず、そのリングとしての「ミライ村」、ベトナム戦争時に4時間で消えた(住民皆殺し)村の唯一の生き残りが。という相変わらずの綾織のような、導入部からは想像もつかない「全体の模様」が現れてくるっていう野田秀樹さんの「世界の作り方」。宮沢りえが頑張ってたけど、もうちょっと「早口が出来て、声の通りがいい」女優のほうがよかったかも。渡辺えり子が生き生きしてた。やっぱり、ユダヤ人の社長ってキーワード?21世紀の地球では。

|

« 人生は、奇跡の詩 2006-12-14 | トップページ | ブレイド3 2006-12-16 »

文化・芸術」カテゴリの記事

演劇・舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/13085342

この記事へのトラックバック一覧です: ロープ 2006-12-15:

« 人生は、奇跡の詩 2006-12-14 | トップページ | ブレイド3 2006-12-16 »