« 四日間の奇蹟 2006-11-04 | トップページ | 父親たちの星条旗 2006-11-06 »

寝ずの番 2006-11-04

Nezunoban邦題:寝ずの番
時間:110分
公開:2006-04-08
製作年度:2006
製作国:日本
配給:角川
製作総指揮:
製作:鈴木光
監督:マキノ雅彦
脚本:大森寿美男
原作:中島らも
撮影:北信康
音楽:大谷幸
出演:中井貴一 、木村佳乃 、木下ほうか 、田中章 、土屋久美子 、真由子 、石田太郎 、蛭子能収 、桂三枝 、笑福亭鶴瓶 、浅丘ルリ子 、米倉涼子 、中村勘三郎[18代目] 、高岡早紀 、堺正章 、笹野高史 、岸部一徳 、長門裕之 、富司純子

俳優津川雅彦がマキノ雅彦名義で初監督っていうだけが売りのバカ映画でした。「津川さんへご祝儀」って感じでそこそこの俳優がたちが大集合してるんだけど「上方落語」が舞台っていうだけで設定の決定的なミスなわけで、って原作がそうなんだからしょうがないのかしら。映画つくるなら、こんなのじゃなくて、もっと大上段に構えた「洒脱な娯楽大作」を狙えばよかったのに。どうせこの映画に出てる俳優たちはどんな映画でも「津川さんへご祝儀」で駆けつけて来るんだろうし。といっても監督振りはどうやらダメっぽい感じね。後半の「春歌大合戦」はどんどん引いちゃう。いったいどこが面白くて延々とこのシーンを続けるのかしらって背筋が凍った。きっとやりたかったんだろうなぁ。正常な感覚なら面白くもなんともないシーンなのに、監督っていう立場になると嵌って後へ引けなくなっちゃうんだろうなぁって同情さえ感じるの。津川さん、もう止めたほうがいいわ。

|

« 四日間の奇蹟 2006-11-04 | トップページ | 父親たちの星条旗 2006-11-06 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画たなは行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/12551927

この記事へのトラックバック一覧です: 寝ずの番 2006-11-04:

« 四日間の奇蹟 2006-11-04 | トップページ | 父親たちの星条旗 2006-11-06 »