« アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 | トップページ | ステイ 2006-09-30 »

もしも昨日が選べたら 2006-09-28

Click原題:CLICK
邦題:もしも昨日が選べたら
時間:107分
公開:2006-09-23
製作年度:2006
製作国:アメリカ
配給:SPE
製作総指揮:ダグ・ベルグラッド 、バリー・ベルナルディ 、ティム・ハーリヒー
製作:アダム・サンドラー、スティーヴ・コーレン、マーク・オキーフ、ジャック・ジャラプト、ニール・H・モリッツ 
監督:フランク・コラチ
脚本:スティーヴ・コーレン 、マーク・オキーフ
原作:
撮影:ディーン・セムラー
音楽:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ
出演:アダム・サンドラー 、ケイト・ベッキンセイル 、クリストファー・ウォーケン 、デヴィッド・ハッセルホフ 、ヘンリー・ウィンクラー

アメリカンなヒューマンコメディ。で、ここだろうなぁって観てたら、やっぱり「ここ」だったので安直だなぁって思いつつも、救われるためには仕方が無いかって納得。って、なに言ってるかわかるかしら。ケイト・ベッキンセイルが二児の母役っていうのが拾い物かもね。でもママにしては綺麗だし「現役」っぽすぎるわ。中年役になってからのほうが素敵かも。でもわたしもこのリモコン欲しい。「こう使っちゃダメ」っていう見本を映画で学んだから、適切に有効利用できるわ。きっと。というわけで夢オチな映画でした。

|

« アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 | トップページ | ステイ 2006-09-30 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/12081729

この記事へのトラックバック一覧です: もしも昨日が選べたら 2006-09-28:

» 映画「もしも昨日が選べたら」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:CLICK もしも昨日が選べたら、どんなにか素晴らしいだろう、もしも人生やり直せたら、いったいどんな人生を歩むのだろう、・・ゆるやかな感動の渦に巻き込まれる 建築士マイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)には、妻のドナ(ケイト・ベッキンセール)と可愛い二人の... [続きを読む]

受信: 2006.10.01 16:52

« アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 | トップページ | ステイ 2006-09-30 »