« シザーハンズ 2006-09-01 | トップページ | グエムル -漢江の怪物- 2006-09-06 »

王の男  2006-09-05

Kingandclown原題:THE KING AND THE CLOWN
邦題:王の男
時間:122分
公開:2006-12
製作年度:2006
製作国:韓国
配給:角川ヘラルド
製作総指揮:
製作:
監督:イ・ジュニク
脚本:
原作:
撮影:
音楽:
出演:カム・ウソン 、チョン・ジニョン 、カン・ソンヨン 、イ・ジュンギ 、チャン・ハンソン

「腐女子」じゃないもの。わたしなんかみたいな、平成になる10年くらい前に生まれた「どーしよーもなく中途半端な」「でもルーズソックス元年」な世代の負け犬候補としては、存在は認めても遠巻きに眺め、自らは絶対安全地帯から一歩も踏み出さない「根性の無さ」や「無鉄砲さの無さ」を自覚しつつこのジャンルに対応してる。って大げさなものじゃないけど、敵は「ヤオイ」だ。敵か?それはともかく、「王と道化師」っていう英語原題にあるようにシェイクスピアっぽい設定でヤオイする全編。モデルになってる王様はローマのネロや日本の織田信長みたいに朝鮮半島じゃ有名な暴君らしいけど、わたしはそっちの知識は皆無だし。前提となる歴史的知識が無くてこの作品を見ると「普通のヤオイ映画」なのねって短絡しちゃうけど、許されるのかしら。こういう見方。狂乱の王様と、ラッキーにも宮廷芸人になる「愛し合う青年と美少年」。その美少年に王様が横恋慕して、っていう腐女子好みな設定。ライトノベルだとゴージャスな美少年イラストの表紙が踊りそう。でもって、美少年をめぐる葛藤と朝鮮王朝の宮廷・高官の腐敗と革命で悲劇的なクライマックスへっていう作品に韓国じゃ1000万人以上がつめかけたっていうから凄い。そういうサブカル的な周辺分析しててもしょうがないけど、映画として他には語りようもないんだからしょうがないわよね。マーケットとしては「腐女子」はまだ小さいだろうしね。でも池袋あたりの劇場だと限定的にヒットするかも。ああ最低。

|

« シザーハンズ 2006-09-01 | トップページ | グエムル -漢江の怪物- 2006-09-06 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/11775657

この記事へのトラックバック一覧です: 王の男  2006-09-05:

» 人気沸騰中!“魔性の男”癖が抜けないイ・ジュンギの中性的な魅力にクラクラ [芸能☆極秘☆ニュース]
韓国の観客動員数歴代ナンバーワンに輝き、韓国のアカデミー賞と呼ばれる大鐘賞で史上最多10部門を受賞した話題作『王の男』。朝鮮時代の宮廷を舞台に、絢爛(けんらん)豪華な映像と美しくも悲しい愛の物語が話題を呼んでいる。12月9日の公開に先駆け、主要キャストのカム・ウソン、イ・ジュンギ、チョン・ジニョンが来日記者会見を開催した。 “王を虜にした男”コンギル役にふんし、大ブレイクした美男のイ・ジ... [続きを読む]

受信: 2006.09.26 19:46

« シザーハンズ 2006-09-01 | トップページ | グエムル -漢江の怪物- 2006-09-06 »