« プルートで朝食を 2006-06-29 | トップページ | バルトの楽園 2006-07-07 »

DEATH NOTE デスノート 前編 2006-07-07

Deathnote邦題:DEATH NOTE デスノート 前編
時間:126分
公開:2006-06-17
製作年度:2006
製作国:日本
配給:松竹
製作総指揮:高田真治
製作:佐藤貴博、福田豊治、小橋孝裕
監督:金子修介
脚本:大石哲也
原作:大場つぐみ 、小畑健
撮影:高瀬比呂志
音楽:川井憲次
出演:藤原竜也 、松山ケンイチ 、瀬戸朝香 、香椎由宇 、細川茂樹

金子修介監督ってダメなのかイイのか混沌としてるっていうイメージで、いっつも注意してるの。「あずみ2」とか泣きそうになったもの。で、この映画も同じ系統のコミック原作ものってことで、ショックアブソーバをいつも以上にしっかりかけて観た。そしたら、拍子抜けするくらいに破綻も少なくまとまっててイイ感じ。後編も観て見たいって思わせるから「アタリ」の部類に入るかも。「荒唐無稽なSF」なのか「ホラー」なのか「クライムストーリーなのか」って立ち位置を決めずに映画を存在させたことが最大の成功(ってわけじゃないけど)の秘密かもね。松山ケンイチがいい役よね。香椎由宇は「道具」にしかすぎなかったわ。どんどんダメになっていくわね女優として。「リンダ!リンダ!リンダ!」あたりがピークなのかしら。そろそろ見捨てよう。

|

« プルートで朝食を 2006-06-29 | トップページ | バルトの楽園 2006-07-07 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画たなは行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/10825325

この記事へのトラックバック一覧です: DEATH NOTE デスノート 前編 2006-07-07:

« プルートで朝食を 2006-06-29 | トップページ | バルトの楽園 2006-07-07 »