« 親密すぎるうちあけ話  2006-06-23 | トップページ | 沈黙の追撃 2006-06-27 »

タブロイド 2006-06-27

Tabloid1a原題:CRONICAS
邦題:タブロイド
時間:98分
公開:2006-01-21
製作年度:2004
製作国:メキシコ/エクアドル
配給:東北新社
製作総指揮:フリーダ・トレスブランコ
製作:アルフォンソ・キュアロン、イサベル・ダバロス、ベルサ・ナヴァロ、ギレルモ・デル・トロ、ホルヘ・ベルガラ
監督:セバスチャン・コルデロ
脚本:セバスチャン・コルデロ
原作:
撮影:エンリケ・シャディアック
音楽:アントニオ・ピント
出演:ジョン・レグイザモ 、レオノール・ワトリング 、ダミアン・アルカザール 、ホセ・マリア・ヤスピク 、カミロ・ルスリアーガ

ぜんぜん前知識が無いまま観た。っていうか、アメリカの「日刊ゲンダイ」みたいな新聞の記者のお話かなって、勝手に想像してたから、全く違うんでビックリ。南米の連続少年少女暴行魔を追いかける「テレビのニュースワイドショー」の記者の話とは思わなかった。犯人らしい男が被害者のようでもあり、でも実はテレビ記者が調べると限りなくブラックであり、証拠は曖昧だしテレビ記者も「出世欲で無理してる」風でもあり、という混沌の中で真実がしっかり見え始めていく。サスペンスや謎解きや社会派な動機付けや、っていうハリウッド的な「演出の盛り上げ」が皆無で、たんたんと100分過ぎていく。ところが、100分後にはあらゆる「真実」が観客をうちのめすし、とっても悲劇的な予感を喪失感を与えるの。ああ、後味わるい映画よね。

|

« 親密すぎるうちあけ話  2006-06-23 | トップページ | 沈黙の追撃 2006-06-27 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/10699494

この記事へのトラックバック一覧です: タブロイド 2006-06-27:

« 親密すぎるうちあけ話  2006-06-23 | トップページ | 沈黙の追撃 2006-06-27 »