« ポセイドン 2006-06-06 | トップページ | 花よりもなほ  2006-06-08 »

逆噴射家族  2006-06-07

Gyakufunsya邦題:逆噴射家族
時間:106分
公開:1984-06-23
製作年度:1984
製作国:日本
配給:ATG
製作総指揮:長谷川和彦、山根豊次、佐々木史朗
製作:長谷川和彦
監督:石井聰亙
脚本:小林よしのり 、神波史男 、石井聰亙
原作:小林よしのり
撮影:田村正毅
音楽:1984
出演:小林克也 、倍賞美津子 、植木等 、工藤夕貴 、有薗芳記

何を発想して、っていうか、何をしたくてこの映画を作ったのか理由を知りたい。設定として新居に引越しした家族が狂乱して殺しあったり、床に穴掘ったりっていう「狂気」の様子を描きたかったのか、それともその狂気を暗喩にして「何かを訴え」たかったのか。どっちだろう。多分、狂乱して家族中が殺し合いを始めて、新居を完全破壊していくっていう「変に狂った映画をつくって観たい」という衝動のなせる業なのかもしれないわね。小林よしのりが原案だっていうから「切れ系の狂乱」を「実写映像化」したかったのかなっていう不道徳者が集まると、こういう映画になるっていう見本なのかもね。

|

« ポセイドン 2006-06-06 | トップページ | 花よりもなほ  2006-06-08 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画あかさ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/10428059

この記事へのトラックバック一覧です: 逆噴射家族  2006-06-07:

« ポセイドン 2006-06-06 | トップページ | 花よりもなほ  2006-06-08 »