« ホワイト・プラネット 2006-04-21 | トップページ | サン・ソレイユ 2006-04-24 »

ラ・ジュテ 2006-04-24

Jetee原題:LA JETEE
邦題:ラ・ジュテ
時間:29分
公開:2000
製作年度:1962
製作国:フランス
配給:アップリンク
製作:アナトール・ドーマン
監督:クリス・マルケル
脚本:クリス・マルケル
撮影:ジャン・チアボー
音楽:トレヴァー・ダンカン
出演:エレーヌ・シャトラン 、ジャック・ルドー 、ダフォ・アニシ

「12モンキーズ」がこの映画にインスパイアされたっていうけど、リメイクって言ってもいいくらいかも。30分くらいのスチール構成っていう超実験的アート映画がブルース・ウィリスのSF活劇になってしまうんだから商業映画って凄い。ただ、この「ラ・ジュテ」の方がイメージを観客にほとんど委ねた作り方になってるから、映画のもつ不条理やテーマ性が緊張感をもって伝わってくる。特に「記憶」っていう曖昧な「脳ニューロンの気ままなスイッチング現象」にまつわる部分。仏教でいう「解脱」にちかいものを目的にしながら永遠に同じ「時間」を繰り返す宿命への諦観が、「実存」の不確定性という結末として描かれるから観客の「不安」を極限まで高めていく。映画そのものに説明されるわけじゃなくて(スチールだけなんだものね)、観客の脳内でイメージが増幅するっていう暴力性で、ホラー映画に近い傷がのこってしまいそう。

|

« ホワイト・プラネット 2006-04-21 | トップページ | サン・ソレイユ 2006-04-24 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/9741910

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・ジュテ 2006-04-24:

« ホワイト・プラネット 2006-04-21 | トップページ | サン・ソレイユ 2006-04-24 »