« フェアリーテイル 2006-04-06 | トップページ | 私の頭の中の消しゴム 2006-04-07 »

アブラハム渓谷 2006-04-06

Vale_abraao原題:VALE ABRAAO
邦題:アブラハム渓谷
時間:189分
公開:1994-10
製作年度:1993
製作国:ポルトガル/フランス/スイス
配給:フランス映画社
製作総指揮:
製作:パウロ・ブランコ
監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
脚本:マノエル・デ・オリヴェイラ
原作:アグシティナ・ベッサ=ルイーシュ
撮影:マリオ・バロッソ
音楽:
出演:レオノール・シルヴェイラ 、セシル・サンス・デ・アルバ 、ルイス・ミゲル・シントラ 、ルイ・デ・カルヴァルホー 、ルイス・リマ・バレト

こんなに長い映画である必要があるのかしら。悪魔のように美しい少女にまつわる「成長と破滅」の物語。というよりも、彼女がその存在を「認知」されてから「死」へ向かっていくスイッチが入ったのね。あらゆる倫理も後悔も彼女には「いつか来る死」という結末へあまりに人間的な瑣末事でしかなかったのね。フロベールの『ボヴァリー夫人』を換骨奪胎して描いたっていうけど、そういってしまうと「暇な主婦の浮気&遊び」っていうだけになっちゃう。でもこの作品はそれとは違うテーマに仕上げられてる。この映画のテーマは「死さえも陵駕する退屈」っていうことかしら。

|

« フェアリーテイル 2006-04-06 | トップページ | 私の頭の中の消しゴム 2006-04-07 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/9457414

この記事へのトラックバック一覧です: アブラハム渓谷 2006-04-06:

« フェアリーテイル 2006-04-06 | トップページ | 私の頭の中の消しゴム 2006-04-07 »