« メルトダウン 2006-03-01 | トップページ | 私が女になった日 2006-03-03 »

アンダーワールド:エボリューション 2006-03-03

udw05 原題:UNDERWORLD: EVOLUTION
邦題:アンダーワールド:エボリューション
時間:106分
公開:2006-04-22
製作年度:2006
製作国:アメリカ
配給:SPE
製作総指揮:
製作:
監督:レン・ワイズマン
脚本:ダニー・マクブライド
原作:レン・ワイズマン、ダニー・マクブライド
撮影:サイモン・ダガン
音楽:マルコ・ベルトラミ
出演:ケイト・ベッキンセイル 、スコット・スピードマン 、ビル・ナイ 、シェーン・ブローリー 、マイケル・シーン

レン・ワイズマン監督の第一作がダークな雰囲気でスタイリッシュで素敵だったので、今回もケイト・ベッキンセールがどれだけ私の中のアニマをかき乱してくれるのかなって期待したのに、残念。ふつうのボンデージヒロインがC級アクションをCGを駆使しながら展開するレベルになってしまってたわ。エボリューションと言いつつも、前作の世界観の「説明」や「因縁の解決」を説明するのがテーマだったらしいの。本当はわたしたち観客はそんなことを望んでないのにね。で、前作と同じに、超強力な敵として主人公たちを追い詰めて来るのに、クライマックスはただの狼人間とドロドロコウモリ男に成り下がって、サクサクっと退治されてしまう。なんで「最後の死闘」が2本とも蛇尾なんだろう。これって監督の芸風なのかしら。

|

« メルトダウン 2006-03-01 | トップページ | 私が女になった日 2006-03-03 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/8924271

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーワールド:エボリューション 2006-03-03:

« メルトダウン 2006-03-01 | トップページ | 私が女になった日 2006-03-03 »