« PROMISE 2006-02-13 | トップページ | 親指ウォーズ 2006-02-15 »

ホテル・ルワンダ 2006-02-14

hotelrwanda 原題:HOTEL RWANDA
邦題:ホテル・ルワンダ
時間:122分
公開:2006-01-14
製作年度:2004
製作国:イギリス/イタリア/南アフリカ
配給:メディア・スーツ=インターフィルム
製作総指揮:ハル・サドフ 、マーティン・カッツ
製作:テリー・ジョージ、A・キットマン・ホー
監督:テリー・ジョージ
脚本:テリー・ジョージ 、ケア・ピアソン
原作:
撮影:ロベール・フレース
音楽:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ 、アンドレア・グエラ
出演:ドン・チードル 、ソフィー・オコネドー 、ホアキン・フェニックス 、ニック・ノルティ 、デズモンド・デュベ
日本ではカラードな映画ってヒットしづらいから奇跡の公開ね。ネットで公開して欲しいって署名運動してたけど、それが唯一の「宣伝材料」にしかならない映画。でもその後の映画賞もちょっぴり後押しかな。ものすごく良い映画なのに、ここまで公開に苦労するんだから大変ね。で、ルワンダの人種大虐殺内戦にまつわるリアルストーリー。一種のプロパガンダに近いけど「シンドラーのリスト」や杉原千畝さんを描いたドラマ「命のビザ」の類型。シンドラーはけっこう人間臭くダーティさも描いていたけど、この作品のホテル支配人はややヒーローっぽくされすぎかも。とはいえ、これだけルワンダの当時の状況を描いたものもなわよね。私たちはニュースや新聞で「数字」でしか被害者を捕らえることができなかっただけに、歴史の記述として、どう「片方からの語り」であったとしても、貴重な記録としておかなきゃいけない。だってツチ属もフツ属も区別つかないんだもの。

|

« PROMISE 2006-02-13 | トップページ | 親指ウォーズ 2006-02-15 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/8654648

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・ルワンダ 2006-02-14:

» Lignpontoの映画鑑賞記「ホテル・ルワンダ」 [Hodiauxa Lignponto]
みなさん、こんにちは。 今日は、渋谷に映画を観に行って来ました。 映画のタイトルは、「ホテル・ルワンダ」。 話の筋は、1994年にアフリカのルワンダで起こった大量虐殺の時にある高級ホテルの支配人が、家族だけでなくホテルに避難してきた人々、1268人を助けた話です。 感想としては、とても良かった映画です{/ee_2/}{/good/}{/good/}{/good/} 通常、ハリウッド映画だとただ単にヒー... [続きを読む]

受信: 2006.02.15 04:58

« PROMISE 2006-02-13 | トップページ | 親指ウォーズ 2006-02-15 »