« IBERIA 2005,5,16 CANNES 2005 | トップページ | MANDERLAY 2005,5,16 CANNES 2005 »

A HISTORY OF VIOLENCE 2005,5,16  CANNES 2005

2005cannes 原題:A HISTORY OF VIOLENCE 2005-05-16
邦題:未定
時間:96分
公開:未定
製作年度:2005
製作国:
配給:未定
製作総指揮:
製作:
監督:DAVID CRONENBERG
脚本:JOSH OLSON
原作:
音楽:
出演:Viggo Mortensen,Maria Bello,William Hurt,Ashon Holmes,Ed Harris

前評判は高かったけど、はずす映画かもって心配した。クローネンバーグって不調なイメージあるんだもの。いい意味で裏切られた。ちょっとばかりコーエン兄弟テイストなブラックな笑いっぽいクライマックス。過去を隠した異常に強い父親のホームドラマ。ある事件で家族に軋みが出ててきて、それを修復するのに、殺人マシンのように冷酷に殺しまくるっていうのが凄い。隠してた過去っていうのも、リアリティに欠けまくりなんだけど、強引な「これが必要なんだ」っていう監督の「要求」を観客にまで飲むことを嫌と言わせないから、もう好きにしてっていう感じ。平凡なホームドラマの父親の平凡であり続けるための非凡な殺戮が「暗喩」であれば、いかようにも解釈して現実のマクロ分析を仕立て上げることができる「問題意識」がたっぷりな映画なのかもしれない。

|

« IBERIA 2005,5,16 CANNES 2005 | トップページ | MANDERLAY 2005,5,16 CANNES 2005 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7412150

この記事へのトラックバック一覧です: A HISTORY OF VIOLENCE 2005,5,16  CANNES 2005 :

« IBERIA 2005,5,16 CANNES 2005 | トップページ | MANDERLAY 2005,5,16 CANNES 2005 »