« 容疑者 室井慎次 2005,8,9 | トップページ | DOWNTOWN 81 2005,8,10 »

妖怪大戦争 2005,8,10

yokai 邦題:妖怪大戦争
時間:124分
公開:2005-08-06
製作年度:2005
製作国:日本
配給:松竹・角川
製作総指揮:角川歴彦
製作:黒井和男、井上文雄、清水俊
監督:三池崇史
脚本:三池崇史、沢村光彦、板倉剛彦
原作:水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆき
撮影:山本英夫
音楽:
出演: 神木隆之介、宮迫博之、南果歩、成海璃子、宮部みゆき、菅原文太、近藤正臣、高橋真唯、阿部サダヲ、岡村隆史、石橋蓮司、忌野清志郎、根岸季衣、蛍原徹、竹中直人、吉井怜、荒俣宏、京極夏彦、水木しげる、栗山千明、豊川悦司

神木君って「インストール」とか見て、天才!って思ってたけど、限界が見えちゃった。驚き方が超ワンパターン。妖怪に初めて出会う「驚き」が別の段階になったときには「成長」してなきゃいけないって思うのに、おんなじなんだもの。って、三池監督がそんな瑣末なことにはかかってられないくらいに混乱してたのかもしれない。神木君への演技指導どこじゃなくて一杯一杯だったのかも。余裕がないんだもの、映画にね。で、何十年も前の「ターミネーター」風にギクシャクとロボットを動かしてみたり、絵の具を塗りたくった妖怪コスプレの「サプライズな配役」のアート系俳優たちの「顔見世」に全精力を使ってるんで、物語を追うっていう大事な部分は完全に忘れ去られているの。ファミリー映画を角川映画も三池監督も完全に舐めてるっていう態度があからさまだから嫌。っていうより「プロデューサー怪」のやりたい放題にのせられただけのクズフィルムね。フィルムが化けて出るわよ。それに、一般の人からのファンドで作ってるの?だとすれば、怨念の塊のような映画になるかもしれないわね。ああ怖い・・。

|

« 容疑者 室井慎次 2005,8,9 | トップページ | DOWNTOWN 81 2005,8,10 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画まやらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7427018

この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪大戦争 2005,8,10 :

« 容疑者 室井慎次 2005,8,9 | トップページ | DOWNTOWN 81 2005,8,10 »