« ロビンフッドの冒険 2005,5,7 | トップページ | ジャングル・ジュース 2005,5,10 »

ハッカビーズ 2005,5,10

huckabees 原題:I Love Huckabees
邦題:ハッカビーズ
時間:107分
公開:2005
製作年度:2004
製作国:アメリカ
配給:ヘラルド
製作総指揮:マイケル・クーン
製作:デヴィッド・O・ラッセル、グレゴリー・グッドマン、スコット・ルーディン
監督:デヴィッド・O・ラッセル
脚本:デヴィッド・O・ラッセル、ジェフ・バエナ
原作:
音楽:ジョン・ブライオン
出演:ジュード・ロウ、ナオミ・ワッツ、ダスティン・ホフマン、リリー・トムリン、マーク・ウォールバーグ、イザベル・ユベール、シャナイア・トゥエイン

なんとも不思議な映画。なにかの自己啓発系団体か新興宗教系団体の啓蒙映画です、って言われたらものすごく納得しそうな内容。あ、でも絶対この監督とか出演者って共通に信じるモノ持ってそう。だって、この脚本とか読んで「出演しよう」って思うの、おかしいもの。監督だってヒット作連発したり芸術性で高評価されているっていう巨匠とは違うと思うし、となると別の力学が働いて、これだけの出演者が集合したのかもしれない。ミサみたいに。「自分って誰?他者って何?」「自分は孤立?自分は集合の一員?」っていう命題をダラダラとコメディの姿で語りまくるだけ。それぞれのキャラクターの存在に強弱がなくて、群像劇の関係性も唐突でご都合主義で、ありがちな「そのシーンだけ出て、あとは忘れられちゃう」ツールのような人物が出入りする茫洋とした映画。コケティッシュな暗喩やIQが高そうなウィットにあふれたっていうニューヨーク系のスタイルをとりたかったのかもしれない。でも前提として「自己啓発」なストレスが掛かってるだけに勘違いして受容しちゃう観客が「絶賛」しそうで怖い。

|

« ロビンフッドの冒険 2005,5,7 | トップページ | ジャングル・ジュース 2005,5,10 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7411942

この記事へのトラックバック一覧です: ハッカビーズ 2005,5,10 :

« ロビンフッドの冒険 2005,5,7 | トップページ | ジャングル・ジュース 2005,5,10 »