« Mr.&Mrs. スミス 2005,12,5 | トップページ | 巴里の屋根の下 2005,12,6 »

七人のマッハ!!!!!!! 2005,12,5

sevenmahha 原題:BORN TO FIGHT
邦題:七人のマッハ!!!!!!!
時間:95分
公開:2005-12-03
製作年度:2004
製作国:タイ
配給:GAGA
製作総指揮:
製作:プラッチャヤー・ピンゲーオ
監督:パンナー・リットグライ
脚本:
原作:パンナー・リットグライ
撮影:
音楽:
出演:ダン・チューポン 、ゲーサリン・エータワッタクン 、ピヤポン・ピウオン 、アモーンテープ・ウェウセーン 、ラッタナポーン・ケムトーン

どこのシーンから観始めても関係ない映画ね。結局、冒頭のツカミになるアクションシーンと、村人が捕虜になって、スキをみて敵とさまざまなスポーツ技術を駆使して戦うクライマックスのアクションシーンがウリな映画だから。宣伝は正しいのね。「ドラマ性」は売る映画じゃ決してないもの。ある程度のアクションへの必然性だけ描ければ、あとはアクション監督の大活躍。命がけのスタントが続く。っていうより、お金がないから体をはるしかないっていうギリギリ感がたっぷり。アメリカ映画とかじゃ、絶対やらないわよね。あるポイントから完全CGで描いちゃうと思うもの。そういう意味では手作り感がある作品だけど、絶対観なきゃっていうタイプの映画じゃないからパスしても大丈夫よ。ってどういう意味かしら。わかりやすく言えば、「試験に出ない」から飛ばしていいわっていう感じかな。

|

« Mr.&Mrs. スミス 2005,12,5 | トップページ | 巴里の屋根の下 2005,12,6 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7482956

この記事へのトラックバック一覧です: 七人のマッハ!!!!!!! 2005,12,5 :

» 七人のマッハ!!!!!!!  本気のタイ・アクション映画 12月3日公開 [白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary]
 この映画を初めて見たのは昨年の東京国際ファンタスティック映画祭。韓流VSタイ道という韓国映画2本とタイ映画2本立てのオールナイト上映ででした。  あの時は凄かった。本物のオリンピック選手が肉体を駆使して技を決めるたびに、場内騒然、拍手喝采だったもの。とても興奮した映画体験でした。   七人のマッハ!!!!!!!公式サイト  そして1年後の今、やっと一般公開されます。アクションも凄いけど、さりげな�... [続きを読む]

受信: 2005.12.06 09:21

» 【劇場鑑賞】七人のマッハ!!!!!!! [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
あの、「マッハ!!!!!!!!」を作ったみなさんが、 「マッハ!!!!!!!!」を超える アクション映画!!を作りました。 僕たち、私たち 最強のアスリート軍団が、己の限界をブチ破ります! 間一髪ギリギリセーフだった、危険なスタント! 本気で蹴られまく....... [続きを読む]

受信: 2006.01.19 00:23

« Mr.&Mrs. スミス 2005,12,5 | トップページ | 巴里の屋根の下 2005,12,6 »