« ダイヤモンド・イン・パラダイス 2005,10,25 | トップページ | ティム・バートンのコープスブライド 2005,11,2 »

力道山 2005,10,26

rikidozan 原題:力道山
邦題:力道山
時間:149分
公開:2006-03-04
製作年度:2004
製作国:韓国
配給:SPE
製作総指揮:
製作:キム・ソナ、梅川 治男
監督:ソン・ヘソン
脚本:ソン・ヘソン
原作:
撮影:キム・ヒョング
音楽:
出演:ソル・ギョング/中谷美紀/藤 竜也/萩原聖人/鈴木砂羽/山本太郎

マス大山を描いた「風のファイター」っていう映画が全然公開されないけど、前代未聞のトンデモ映画だったので、この映画も超心配してた。朝鮮から渡って日本で成功したスポーツマンっていう共通項を描くっていう「日本語の違和感」のムリが辛いかなって思ってたから。でも、心配はいらなかった。ソル・ギョング以外はきっちり日本人俳優で、特に藤 達也が物凄くいい役柄でいい芝居をしてる。中谷はちょっと存在感が薄いし、結局「家族」をあまり描かないで終わった映画だから「いるだけの妻」ね。テーマは力道山のプロレスでの、のし上りを骨太に描いていくんだからしょうがないかも。だから力道山の周りの人たちの人物はあまり描ききれてないのね。それでいながら2時間半を、それなりに飽きさせないで見せきるパワーは映画が持ってた。撮影が「殺人の追憶」のカメラマンらしいし、映画のクオリティとしては「風のファイター」より高いからかも。心配なのはいったい誰に宣伝して誰に見せたい映画なのかな、ってこと。女の子が自発的に見に行くタイプの映画じゃないし、韓流でもないし、力道山を知ってるおじさんか、格闘技マニアだけがコアね。だから私とかみたいな「20台女性」が日常触れるメディアじゃ絶対映画の宣伝は見ないかも。別にいいけど。

|

« ダイヤモンド・イン・パラダイス 2005,10,25 | トップページ | ティム・バートンのコープスブライド 2005,11,2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 ら行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7437822

この記事へのトラックバック一覧です: 力道山 2005,10,26 :

« ダイヤモンド・イン・パラダイス 2005,10,25 | トップページ | ティム・バートンのコープスブライド 2005,11,2 »