« ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ 2003,11,9 | トップページ | ミシェル・ヴァイヨン 2003,11,20 »

THE COMPANY 2003,11,17

comp 原題:THE COMPANY
邦題:ザ・カンパニー(原題)
時間:112分
公開:2004
製作年度:2003
製作国:イギリス
配給:SPO、博報堂、テレビ東京
監督:ロバート・アルトマン
脚本:
製作:
出演:ネーヴ・キャンベル、ジェームズ・フランコ、マルコム・マクドウェル

実在のバレエ団(カンパニー)を舞台に、さまざまなパフォーマンスと、そのリハーサル過程を描いた作品。ダンスシーンは秀逸。すごく綺麗。サロメよりこっちのほうがいい。でもフィクションなのかノンフィクションなのかさだかじゃない映画。2時間近くある作品だけど、多分シナリオは数ページしかないと思う。エピソードが断片で、何にもストーリーが繋がらない。人物は画面の中で恋愛をしたり怪我をしたり怒ったり泣いたり、という「演技」をしているけど、それが映画のストーリーや「物語る」部分には、なんら影響してこない、というより無駄なの。全く不要なの。ダンスパフォーマンスの間に、さらりと描かれる「芝居」が、意味ないの。どうしてだか判らないけど、多分、アルトマン翁にしてやられた!ってことね。ストーリーや俳優たちの演技を楽しむエンタテイメントではなくて、思いっきり嵌って描ききったダンスパフォーマンスに対するアルトマン翁の「愛」「フェチ」を感じる映画だって思ったほうがよいかもね。

|

« ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ 2003,11,9 | トップページ | ミシェル・ヴァイヨン 2003,11,20 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7331385

この記事へのトラックバック一覧です: THE COMPANY 2003,11,17 :

« ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ 2003,11,9 | トップページ | ミシェル・ヴァイヨン 2003,11,20 »