« 不夜城 | トップページ | My Favorite Martian »

ゴジラ

「ゴジラ」Godzilla 鑑賞 1998/07/20
【監  督】 ローランド・エメリッヒ
【キャスト】マシュー・ブロデリック ジャン・レノ マリア・ピティロ

「ジュラシック・パーク」や「ロスト・ワールド」や「ID4」が無ければ、この映画はすごく評判になったんだろうと思う。あと「ジョーズ」と「エイリアン」。そんな映画の<要素>が全部つまっているんだけど、それだけにすぎない。何のドラマも見えないし、ゴジラの存在には思想のかけらもない。ただの破壊する「ために出現」する道具でしかない。これじゃあ可哀相。それに、とってつけたように、母親で、卵を産んで、卵が孵って・・・結局そのすべてを爆殺してしまう、動物愛護協会が激怒しそうな展開。近くの座席で観ていた子供が「かわいそう」って言ってたけど、本当にそう。ラストもお約束どおりだし、だから、映画の存在そのものがある意味のパロディなのかもしれない。ストレートに観てはいけないのかもしれない。

【結論】1800円捨てる覚悟して。

|

« 不夜城 | トップページ | My Favorite Martian »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7325750

この記事へのトラックバック一覧です: ゴジラ:

« 不夜城 | トップページ | My Favorite Martian »