« ファイト・クラブ | トップページ | 33 1/3r.p.m »

秘密の花園

「秘密の花園」 鑑賞 2000/01/23
【監  督】 アニエス・ホランド
【キャスト】 ケイト・メイバリー/ヘイドン・プラウス
インドで王様みたいな暮らしをしていたイギリス人の家庭の一人娘が事故で両親を失って、イギリスの叔父の家に引き取られる。そんな彼女が習慣も違う世界へ放り込まれ、混乱し、自分のいる場所探しをし、、、っていう古典作品の映画化。で、その家には病弱で生まれてこのかた外へ出た事の無い偏屈な少年や、10年前に妻を事故でなくした叔父や、全部をきりもりしている恐い召し使いが登場する。主人公はひょんなことから自分の母と双子の10年前に死んだ領主夫人が愛していたガーデンを発見する。そのガーデンは妻の死後、領主が封印した場所だった。彼女はそんなガーデンを花で一杯にしようと、仲良くなった領地の少年と手入れをする。病弱な従兄弟との心の触れ合いや、彼が外の世界へ出て行こうとするきっかけも、この叔母のガーデンの存在があるから。というごく淡々と物語られる人間の心の触れ合いと融和の物語。単純で子供向けの絵本や紙芝居向けのストーリーなんだけど、心が洗われるような清々しい気分になる。こういったストレートな涙を誘うような映画って最近少ないよね。

【結論】イギリスの近代の領主の館って凄い。こういうところのお嬢様に生まれたかったな。すっごい家なんだもの。

|

« ファイト・クラブ | トップページ | 33 1/3r.p.m »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7326074

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密の花園:

« ファイト・クラブ | トップページ | 33 1/3r.p.m »