« 死国 | トップページ | バグズ・ライフ »

リング2

「リング2」 鑑賞 1999/02/25
【監  督】 長崎俊一
【キャスト】中谷美紀/佐藤仁美/深田恭子/小日向文世/石丸謙二郎/柳ユーレイ/大高力也/沼田曜一/松嶋莱々子/真田広之

去年の1月に「リング」「らせん」を観て、「リング」がすっごく良くできてた思い出もあって、観た。今年は誰も誘ってくれない(T_T)から、なんと一人で勇気を出してみに行った。げげ!カップルばかり。。。で、この映画は「らせん」なんか無かったことのような映画になっている。そうよね。「らせん」はコメディだったもの。で、「リング2」では前作のさまざまな謎を映画的に決着することにしたようで、ほとんど憑き物落し、というか、成仏させるエクソシストのような映画。ただ、シナリオが悪いのか、シーンごとが妙につながらなくて、ばらばら。「ぼくはこう言いたいんだ」という監督の叫びが全然、映像として伝わってこないで、空回りするばかり。特に解決に向かうラストの20分ほどは、もう支離滅裂。こんなのあり?っていうくらいに<省略の芸>を見せてくれる。一夜にして研究室のラボの機械一式がセッティングされていたり、状況から必要もないのに、研究者の記号として、白衣を着ていたり、いったいどういうつもりで、この映画を作ってるんだって叫び出したくなった。一人だったから叫ばなかったけど。前作の神経を逆なでするような恐怖を味わえると思ったのに。残念。

【結論】超能力少年がけっこう恐い。あんな目つきが出来る子役なんて。。。

|

« 死国 | トップページ | バグズ・ライフ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画まやらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7325863

この記事へのトラックバック一覧です: リング2:

« 死国 | トップページ | バグズ・ライフ »