« 真昼の決闘 2005,3,13 | トップページ | ロング・エンゲージメント 2005,3,16 »

渋谷物語 2005,3,15

shibuyastory 邦題:渋谷物語
時間:122分
公開:2005
製作年度:2004
製作国:日本
配給:東映
監督:梶間俊一
脚本:石松愛弘 、田部俊行 、梶間俊一
原作:安藤昇
音楽:
製作:
出演:上弘明 、南野陽子 、遠野凪子 、山路和弘 、升毅

「仁義なき戦い」の本を読んだので、最近のヤクザ映画ってどうなってるのかなっていう興味もあって、ちょっと恐いけど劇場へ行った。その筋の人たちが体温上げて見てるのかなって思ったら、けっこう爺さんばっかり7~8人しか観客がいないんだもの。閑散としていて恐かった。安藤昇というヤクザが戦後渋谷で勢力をつけるクロニクル。全体的に演出がかったるかったし、主人公がバタ臭い(すっごい死語)っていうか、格好良すぎて引いた。もっと泥臭いほうがリアルで面白かったかもしれない。みんな、とって付けたようなヤクザ演技で眉間にチカラはいりすぎ。いまどきは、ヤクザ映画も「勢い」が無くなってるって証拠のような映画かもしれないわね。

|

« 真昼の決闘 2005,3,13 | トップページ | ロング・エンゲージメント 2005,3,16 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画あかさ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7397156

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷物語 2005,3,15 :

« 真昼の決闘 2005,3,13 | トップページ | ロング・エンゲージメント 2005,3,16 »