« 椿姫 2005,2,27 | トップページ | アレキサンダー 2005,2,28 »

陽のあたる場所 2005,2,27

place-sun 原題:A PLACE IN THE SUN
邦題:陽のあたる場所
時間:122分
公開:
製作年度:1951
製作国:アメリカ
配給:
監督:ジョージ・スティーヴンス
脚本:マイケル・ウィルソン ハリー・ブラウン
原作:セオドア・ドライザー
音楽:フランツ・ワックスマン
製作:
出演:モンゴメリー・クリフト エリザベス・テイラー シェリー・ウィンタース レイモンド・バー

いまでも安っぽいテレビの2時間ミステリ劇場あたりで使い回されているネタっていうかテーマ。糟糠の妻を殺して金持ちの美人にのりかえるっていうとこでは四谷怪談なんだけど、日本のバチの当て方の方が陰惨っていうか、やっぱり宗教の違いなのかもしれないわね。キリスト教の国では改心して死刑台に向かうことで浄化されてしまうのだもの。日本の方が業が深い描き方をすることで「因果応報」な死生観を表現しているだけに「道徳=啓蒙」が心の底へ焼き付けられるんだわ。ビと金の描き方もハリウッドはステレオタイプだしね。四谷怪談じゃ「侍」「家督」といった封建的な社会システムの要素も「動機」には影響を与えてるし。日本の勝ち。。。だから嬉しいわけじゃないけど。

|

« 椿姫 2005,2,27 | トップページ | アレキサンダー 2005,2,28 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7395810

この記事へのトラックバック一覧です: 陽のあたる場所 2005,2,27 :

« 椿姫 2005,2,27 | トップページ | アレキサンダー 2005,2,28 »