« ディボース・ショウ 2004,4,14 | トップページ | シェイド 2004,4,15 »

卒業の朝 2004,4,15

sotugyoasa 原題:THE EMPEROR'S CLUB
邦題:卒業の朝
時間:109分
公開:2003/03/27
製作年度:2002
製作国:アメリカ
配給:東宝東和
監督:マイケル・ホフマン
原作:イーサン・ケイニン「宮殿泥棒」
脚本:ニール・トルキン
製作:アンドリュー・カーシュ、マーク・エイブラハム
出演:ケビン・クライン、エミール・ハーシュ、エンベス・デイビッツ、ジョエル・グレッチ

学園もの、先生ものって時々出てくる。で、それなりに人間讃歌してくれる。批判しようもないし、訴えたいこともわかるし、だけどそれだけ。ご苦労様っていうだけ。日本でどのへんの客層の誰にみせて楽しんでもらおうって思っているのか。エンタテイメントであることを否定しているの?別にいいけど。とはいえ、ラストに教え子の子供が新入生で教室に入ってくるシーン。私学の歴史の深さを思い知らされるカットよね。慶應とか学習院とかそういう名門って言われるタイプのセレブな学校ってば。

|

« ディボース・ショウ 2004,4,14 | トップページ | シェイド 2004,4,15 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画 さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5950/7340306

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業の朝 2004,4,15 :

« ディボース・ショウ 2004,4,14 | トップページ | シェイド 2004,4,15 »